実務で使えるグループウェアとは

シビアなビジネスシーンが要望される現場では、どの程度の実績があるのかというのはグループウェアを選択する際において、重要な要素であると言っても過言では無いでしょう。


そして出来れば金融機関や自治体、あるいは著名な企業での実績があれば、尚更安心感は増すかも知れません。

勿論、スケジュール機能やメール機能等の基本的なグループウェアの機能は必須でしょうが、プロジェクト管理やワークフロー等の機能が搭載されていると、業務にも十分に活かす事が出来るでしょう。

そしてクラウドコンピューティングに対応しているのであれば、仕事場は会社の屋内だけに留まらずに仕事が出来る事を表しています。

例えば、クライアント先でもカフェでもあるいは、職種によっては自宅でも仕事が出来るので、両親の介護等の事情を抱える社員でも安心して業務に専念出来ます。

魅力の高いグループウェアをわかりやすく説明しています。

しかしクラウドコンピューティングの性質上、インターネットを通じてアクセスする必要がありますから、セキュリティ面がどの様になっているかというのは気になる所です。



グループウェアを選択する場合、使用する社員分のIDと暫定的なパスワードが配布されてから、改めてパスワードを個々の社員で変更するという手続きを採るというのが一般的でしょう。


しかしこれは最低限の認証に必要な要素であって、可能であればクライアントレベルの証明書と組み合わせる事で認証すると、より安全なグループウェアへのアクセスとなります。

教えてgooの情報を掲載しています。

特に出先等からモバイルパソコンやスマートフォン等で、アクセスする場合には有効な方法と言えます。